2006年11月14日

言葉の発達?心の発達?

1. ちょっと長い出張(といっても5日)だったので「いい子にしててね」とそらに言ったら。
「うん、だから、おやつ買ってきてね」と返事。
「プリンのチョコが好きなの」と銘柄指定まで。
お土産、という言葉も知らないはずなのに(そういう習慣がないので)、自分でそういう取引を考え付くもんなんだなあと感心。「プリンのチョコ」少し前に買って来たことがあったので、買ってもらえる可能性が高いと思ったのかな。

2. 出張から帰ってきたら玄関まで走ってきて
「今からお風呂入ろうと思ってたのに、帰ってきちゃったあ」とニコニコ。
そらはお風呂が嫌いなので、「おとおさんが帰ってきたのでお風呂に入れない」と暗にほのめかしてるつもりなんだろうなあ。

3. そらは近所の男の子のS君が大好き。「今日何した」って聞くと、空想の話も含めてS君の話をいっぱいしてくれる。プリンチョコは見つからなかったので代わりに「パックンチョ」の赤い箱(イチゴ味)と黄色い箱(チョコ味)をお土産にして、「明日S君と食べてね」と渡す。
「どっちがそらの?」と尋ねると案の定、赤いほうをさして「こっち!」という返事。で、その後、中身が違うことに気がついたらしい。「こっちがぁ、イチゴで、こっちがぁ、チョコ」と自分で指差し確認。
その後「これが、S君のだけど、そらちゃんが、頂戴っていたったらくれるの、そらのもS君がちょうだいっていったらあげるの」って言い始めた。やっぱりチョコが欲しかったらしい。あしたS君と喧嘩にならないといいけどね。



posted by 1日1そら at 00:35| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。